成果を上げるランディングページの最適化

ランディングページとは、検索エンジンの検索結果や他のウェブサイトに設置されたリンクをクリックした時に、ユーザーが到達するページのことを意味します。
ネットワークの中をさまよってきたユーザーが最初に「着地する」ページと言えます。
ECサイトの他、キャンペーンや特集記事を掲載するページに、多く見られるページで、検索エンジンを意識して、設置者が狙うキーワードでの検索にヒットすることを目指して制作することが効果的です。
例えば「キッチン用品通販」でのキーワード検索を行うユーザーをターゲットにしたランディングページであれば、「キッチン用品通販」で検索した時の検索結果で、その上位に、このページが現れることを目指します。

具体的には適切なDescription(要約)をmetaタグに含ませることはもちろん、titleタグにも注意を払い、また、コンテンツはキーワードと密接な関係を含む充実した内容を心がけ、総じて、出来るだけキーワード検索結果の上位表示を目指します。
これをランディングページオプティマイズ(LPO)と呼び、ウェブを使ったプロモーションには欠かせない概念となっています。
通販ならショッピングカート、キャンペーンなら応募フォームがページ内に設置されているとより効果的ですが、カートやフォームを別ページにせざるを得ない時にはユーザーを逃さないよう、魅力的なコンテンツを盛り込むことが重要です。

ランディングページを制する者はECサイトを制す

インターネットの広告や検索結果をクリックしたときに最初に表示されるページのことをランディングページと言います。
クリックした広告や検索結果はある目的や動機を持って検索されているので、その動機や目的に合致したページを用意することができればサイトの離脱率を抑えることができ、かつサイト来訪客に対して希望する商品やサービスを提供することができます。
例えば100人の有望な見込み客をサイトのトップページに誘導できたとします。
しかし、目的の商品やサービスがどこにあるのかを見つけることができなければ、企業の商品やサービスを見ることなく全員が立ち去ってしまうことになるでしょう。

特に検索エンジンの場合、50%以上が8秒以内にランディングページを去ってしまうとの調査結果もあるとおり、検索ワードに合ったページを用意することができれば企業の売上げに大きく貢献することは間違いありません。
検索キーワードをサイトに誘導するためのSEO対策という側面だけで見るのではなく、検索キーワードから汲み取れるユーザの動機や目的を反映させたランディングページを作成することができれば、ECサイト間の競争において勝利することができるのです。


関連記事


優良SEO会社ランキング

  1. No.1株式会社NEXER

    株式会社NEXER

  2. No.2ディーエムソリューションズ株式会社

    ディーエムソリューションズ株式会社

  3. No.3アウンコンサルティング株式会社

    アウンコンサルティング株式会社