検索エンジンに評価されることでサイトが上位に表示される

検索エンジンは、特定のキーワードを入力すると、そのキーワードに関連したサイトが表示されるシステムのことを言います。
検索エンジンを表示しているシステムには、膨大なデータベースが存在しており、このデータベースにWEB上のあらゆる情報を蓄えることによって、より正しい評価をサイトにすることが出来るようになるのです。
検索エンジンは、主に三つの種類に分類することができます。
一つは、完全なプログラムによってデータベース化されたロボット型の検索システムです。
これは一般的なシステムとして認識されています。
そして、二つ目がサイトを人力によってカテゴリー別に分類しているものです。
この典型的なものはディレクトリ型のシステムです。
そして、三つ目が自作のシステムを利用せずにほかのシステムを利用してデータベースを利用しているメタ型の検索システムです。

どれも共通しているのは、基本的にこの検索システムに好まれるサイトを作らないとユーザーのサイトを上位に表示することができないということです。
サイトに対するユーザーのアクセスはほとんどがこの検索システムを利用することによって実現しているため、検索順位の上位に来るということはそのままユーザーのアクセス数に繋がることになります。

検索エンジンで上位に表示されるための工夫

自分のブログやHPのアクセス数を増やすためには、検索エンジンの上位に表示される必要があります。
これはSEOと呼ばれています。
SEOにはいくつかの方法があります。
いずれの検索エンジンも表示順の条件については明かしていないためどれも推測の域は出ませんが意識しておくだけで、十分効果はどれも見込めるものです。
まず大切なのは読者に訴えたいあるいは検索させようとする目的のキーワードは文章全体の5%以内にしておくことが望ましいと言われています。
露骨にキーワードを紛れ込ませることで、情報の信ぴょう性が落ちてしまうようです。

二つ目に大切なのは毎日記事を更新するということです。
更新頻度がまちまちだったり極端に少ない場合は読者も安定してそのブログやHPにアクセスしません。
その結果検索エンジンの上位になることから遠ざかってしまいます。
三つ目に大切なのは1記事について1000文字以上書くということです。
これによってコンテンツの充実になるため自然と読者の数は稼げます。
これら三つの工夫によって読者を掴むことで上位に表示される可能性が高まり、それが更なる読者を呼んで行きます。
毎日1000文字の更新となるとエネルギーはかかりますが、それをこなせる人というのも限られてきますので、ライバルはおのずと少なくなります。


関連記事


優良SEO会社ランキング

  1. No.1株式会社NEXER

    株式会社NEXER

  2. No.2ディーエムソリューションズ株式会社

    ディーエムソリューションズ株式会社

  3. No.3アウンコンサルティング株式会社

    アウンコンサルティング株式会社