SNSの利便性について

SNSとはソーシャルネットワークサービスといい、人と人のつながりを促進、サポートするコミュニティ型のWebサイトのことを指します。
言い換えれば、人のつながりを電子化するサービスです、これは2003年ごろアメリカで誕生し、その後様々なSNSが急速に拡大しました。
有名なところではFacebookやmixiなどがあります。
友人や知人とのコミュニケーションを円滑にしたり、また共通の趣味や話題をもつ人がコンピューターネットワーク上に集まって新たな人間関係を構築する場を提供しているサービスです。
それぞれのサービスによって特徴はことなりますが、共通していることは自分のプロフィールを登録し会員になると、同じ地域や学校や職場などの友人とコンピューター上でつながることができます。
またそこから「友達の友達」などの新しい友人関係が構築できたり、自分の日記や写真を公開して友人に見せることができたり、同じ会サービスの会員から自分と共通の趣味を持っている人をみつけて友人になることができます。
その際に自分のメールアドレスなどは教えなくてもサービス上でメッセージのやりとりをすることができます。

このようにSNS手軽に人間関係が構築できるうえ、サービスも無料であつかいやすいという反面、個人情報の流出やおもわぬトラブルにも巻き込まれやすいので利用する上では注意が必要です。

▼「自分」から「自分が創作したもの」へと変化するSNS

今自分が何をしているのかを知らせたり、思っていることを伝えて交流をはかるタイプのSNSは、現在ではいろいろなタイプが出てきています。
そのひとつに写真や絵、小説や詩といった創作を通して交流をはかろうとするSNSが広がりをみせています。
このタイプの場合は、自分が創作したものをアップして多くの人に見てもらうものですが、好きな作品をお気に入りに登録できるのはもちろんのこと、好きな作者や気になる作者をフォローできるようになっています。
フォローすると、お気に入りの作者の更新状況がわかるようになるのです。
また、創作している人たちの間で話ができたり、創作に関する悩みや疑問を話すこともできるのです。

このようなサービスは日本国内にとどまらず、海外でも広がっていますので、自分が創作したものが世界中の人たちの目にふれる機会が増えますし、交流もできるようになってきているのです。
自分の生活や暮らし方、考えといった「自分そのもの」がSNSの主流でしたが、「自分が創作したもの」が交流の中心になってきているのです。
パソコンやスマートフォン、デジタルカメラの進歩で誰もが何かを作り出すことが身近になったからこその、交流の仕方といえるでしょう。


関連記事


優良SEO会社ランキング

  1. No.1株式会社NEXER

    株式会社NEXER

  2. No.2ディーエムソリューションズ株式会社

    ディーエムソリューションズ株式会社

  3. No.3アウンコンサルティング株式会社

    アウンコンサルティング株式会社