既存コンテンツのリライトはSEO対策効果はあるのか

既存コンテンツのリライトによる効果

既存コンテンツが古くなって、検索順位が下がってしまうことはよくあります。そんな時に疑問が生じるのが、既存コンテンツをリライトしてSEO対策効果があるのかということです。結論から言うと、これはあるということになります。その時には、様々なコツがあるのでそれを取り入れたうえでリライトをする必要があります。一つが、キーワードがタイトルと本文で一致しているかということです。タイトルと本文のキーワードが一致していない場合、検索エンジンの解析によって重要度は低いと判断されてしまう結果、表示順位を落としてしまいます。SEO対策としては、単に内容を書き換えるだけではなく、人が読んで納得する役立つと感じるかどうかを心がけたうえで、適切なキーワードを選択して関連性を持たせることが重要です。中にはアクセスを稼ぐために中身と関係がない釣りのようなタイトルの記事がありますが、そうしたコンテンツは重要度が低いとされてしまうので注意が必要です。心がけるべきことは、本当に検索した人がそれを読んで役に立ったと感じてもらえる文章を書くことがSEO対策の肝となります。良質な記事を閲覧するなどして参考にしてみましょう。

最初の方で結論を示して読みやすくする

SEO対策をする上で重要なのが、結論部分を記事の最初の方にもってきて読みやすくすることです。結論が後になっていると、途中で読者が飽きてしまったり何が書いているのかわからなくなったりしてしまい、途中で離脱してしまいます。結論がわかっていれば、その理由づけ部分がどうなのかが後に来ることがはっきりとするため、読んでいる人も整理しやすくなるので読み進めやすくなるはずです。これは、自分が文章を読んでいる時のことを考えるとわかりやすいです。結局それが何が言いたいのかわかりにくい文章は読んでいてイライラしてきて途中で読むのをやめてしまいます。また、そもそもそのキーワードを調べたい人にとって必要とされていない情報を書いても意味がありません。関連性が低いキーワードの場合は、自分が求めている情報ではないとわかれば途中で読むのをやめてしまうはずです。関連性があり、それを検索しようという人が何を知りたいかをきちんとリサーチしたうえで内容を構築していきます。古い記事でSEOに弱かった記事では、これらの点でマイナスになっている可能性があります。その場合は単に文章を置き換えるだけではなく、加筆修正をする必要があるでしょう。

サジェスト機能を参考にする

検索エンジンのサジェスト機能を参考にすると、検索する人がどんなことを求めているのかがわかります。それとずれている場合は参考にして修正して、求められている形に整えていくと上位に表示されやすくなるはずです。また、タイトルタグにヒットされるように新たなキーワードを追加するのもテクニックの一つです。これまでそのキーワードから流入してこなかったターゲットに対してもアピールすることにつながり、表示順位の向上を望むことができます。その他、量を増やすことも場合によってはSEOに効果的です。これまでのコンテンツの量では受け入れる事の出来なかった新たな層を取り込むことにつながる可能性があるからです。こうしたテクニックの活用によって、既存記事がよみがえることも少なくないです。ただし、検索が上位に表示されるかどうかは、様々な事情によって決まって来るものであり、小手先のテクニックだけでは対応することができない場合もあります。確かにすでに作った記事を再活用するのは手間がかからないことですが、初めからあまり検索順位が高くなかったような場合は、また一から作り直した方がかえって効率的であることもあるので見極めが必要です。

既存コンテンツのリライトの注意点

リライトをする上での注意点は、単に単語や接続詞を変えただけでは全く意味がないということがまず挙げられます。そうしたちょっとした変化は表記ゆれの範疇であり、コピーコンテンツだと判断されて検索結果を落としてしまうことになるでしょう。最近の検索エンジンは性能が高くちょっとした変更程度は見抜かれてしまいます。内容が同じでも文章を全く違うものにする、というのがコツになります。それは文章構成や段落を変更したり、説明の仕方を変えたりするなどの工夫が必要です。一見すると手間がかかるように感じますが、たたき台がすでにあるため意外とスムーズに作業ができます。そして、余計な文章は追加しないことも気を付けるべきでしょう。すでにある文章にプラスしてわかりやすくしようとした結果、同じことを何度も言っているだけになることも少なくありません。それは中身の薄い生地だと判断されることにつながるので、SEO対策上やってはいけないことです。最終的に作り上げた文章は、検索エンジンを利用して訪れるユーザー目線になって、わかりやすいかどうか、役に立っているかどうかを考えて加筆修正していき完成させていきましょう。


関連記事


おすすめ優良SEO会社

  1. No.1株式会社NEXER

    株式会社NEXER

  2. No.2ディーエムソリューションズ株式会社

    ディーエムソリューションズ株式会社

  3. No.3アウンコンサルティング株式会社

    アウンコンサルティング株式会社