公開日:2019/09/01  最終更新日:2019/09/03

SEO対策をするなら「グーグルのアルゴリズム」について知る必要がある!

検索エンジンに対して最適化をする訳

ウェブサイトを検索結果の上位にヒットさせたいということは誰もが考えることですが実現させるためにはグーグルのアルゴリズムや仕組みに対する知識を深めることが非常に大切です。会社は、まず前提としてサービスや商品をより多く販売する目的で集客活動を実施します。

また公式ウェブサイトにアクセスする件数を増やすために大きくリスティングやリアル広告、ネットワーク広告などといった各種広告を行ったりSEOと呼ばれる検索エンジン最適化を行っていて効率や目的に応じて方法を選ぶ訳です。広告を利用して集客をするときにはウェブサイトのバナー広告のようにクリエイティブな方法で訴求してアクセスしてもらう構築方法があります。

他にもリスティング広告のように広告費を検索キーワードに支払い検索結果の上位の方にヒットさせてウェブサイトにアクセスしてもらう構築方法もあるのです。これらを実践する上での技術は色々あります。

DMPやDSPを利用したリマーケティング配信やセグメント配信など数多くの広告のテクニックが発展していき、より一層高い精度の広告を配信することが可能です。しかし、広告を投稿する上でお金が当然必要となります。

適切な検索結果を表示させ満足度を向上させる

SEOとは、検索エンジンでキーワードを検索したときに表示される検索結果画面で上位の方に表示されるようにするための対策のことです。大まかに分類すると内部施策というものと外部施策というものがあり量が多く、とても細かいのですが、これらの対策を実施することによって、自分の会社の公式ウェブサイトが検索結果の上位の方にヒットして検索した人に気付いてもらうチャンスが増えていきます。

そうすることによって、コストをかけなくても自分の会社の公式ウェブサイトのアクセス件数が増やすことが可能です。これらの対策を一般的にSEOと言いますが、実際には検索エンジン自体がいつも最適化を実施しています。何故かと言うと、検索エンジンを利用する人に対して物凄い量のコンテンツから、最も適しているウェブサイトを上位にヒットさせて最も効率的に検索する人が要求することを解決させて、検索エンジンを利用する人の満足度を高めている訳です。

満足度を高めるためには、いつも優れた状態のアルゴリズムである必要があるため、毎日サービスを更新したり改善したりしています。そのような状況の中で大切になってくるのが、グーグルのアルゴリズムの理解と変化です。

アルゴリズムの更新とSEO対策の関係

検索エンジンのシステムがどうなっているのかと、どのように変化してきたのを理解するのはSEO対策を実施する上で必要となる知識です。どうして変化し続けているのかというと検索エンジンを提供している会社が最も大切にしているのは利用者で、その利用者に対して適切なウェブサイトを表示させることが理由になります。

時代が変化するのに伴って技術が進化して可能なことが多くなってきているとことや、デバイスが変化するのに対応することなど様々なことが背景となりSEO対策を実施する会社が増えてきているのです。SEO対策を実施して検索結果の上位に表示されることは、その会社のビジネスに、とても大きいインパクトを演出することになります。そのためSEO対策を行う代行会社がたくさんあり、クライアントの会社のために色々な対策を施してきました。

当然、SEO対策による検索結果の上位に表示されることは大きな影響を与え、上位に表示されているウェブサイトが検索エンジンを利用する人に本来閲覧したいコンテンツかということが疑問視する場面が数多く発生してきてしまったのです。そこで、あくまでも推測ですが検索エンジンを提供している会社は、アルゴリズムを更新する形で、検索エンジンを利用する人にとって満足度が高いサービスを提供できるように変化し続けてきました

検索エンジンの人工知能を利用した仕組み

検索エンジンのアルゴリズムは時代が変化していくのに伴った更新も行われていて、例えば近頃はスマートフォンが普及してモバイルフレンドリーと呼ばれる更新が行われています。この更新は検索エンジンを利用する人のためと考えると必要なことです。そして検索エンジンのSEO対策を行う上で、全ての要素や背景をふまえた上でアルゴリズムを理解することは非常に重要なこととなります。

まず正確な検索エンジンのアルゴリズムは公開されていないので知り得ないことなのですが、たくさんある仕組みの中でもランクブラインというディープラーニングを使った仕組みはSEO対策を実施する上で、とても大切な項目となるため知識を深めておきたいポイントです。ランクブラインとは検索結果を出す一部分の処理を担っているグーグルの人工知能のことであると言われています。

どのようなものなかというと、検索するときに実際に入力したキーワードに対して、数多くのコンテンツから検索する人にとって最も適しているウェブサイトを表示させるための仕組みです。検索する機会が少ないキーワードでもランクブラインの機械学習により、より一層良いと感じられるウェブサイトを判別して検索結果にヒットせることが可能だとされています。


関連記事


おすすめ優良SEO会社

  1. No.1株式会社NEXER

    株式会社NEXER

  2. No.2ディーエムソリューションズ株式会社

    ディーエムソリューションズ株式会社

  3. No.3アウンコンサルティング株式会社

    アウンコンサルティング株式会社