公開日:2019/09/01  最終更新日:2019/09/03

SEOに強いレンタルサーバーはあるのか?

レンタルサーバーはSEOに関係があります

自分でサイトを開設したり、ブログの運営を始めると多くの人に見てもらいたいと考えるようになります。たくさんの人が自分のWebサイトに訪問するためには、検索エンジンに上位表示してもらうことが必須事項です。ネットで検索してサイトを閲覧するユーザーは、検索順位が上位のものを選ぶ確率が高いことがデータでわかっています。従って、少しでも検索順位は上のほうが良く、検索エンジンから高い評価を受けるために行うことがSEO対策です。SEO対策はサイトの運営者にとってもはや欠かせない行為と言っても過言ではなく、ほとんどの人が行っています。サイトを開設するときにレンタルサーバーを利用する人が多いですが、日本には代表的なレンタルサーバー会社が複数あります。知名度の高いレンタルサーバー会社以外にもサービスを提供している会社は存在していますが、有名なところのサービスを受けたほうが良い理由があります。有名な会社ならばSEO対策に関する知識を持っているために、検索順位に影響を与える可能性が高いです。自分で書いた記事を公表するにはサーバーが必要で、たくさんの記事をアップロードする予定ならばサーバーのスペックが必要です。

サーバーを比較する基準にスペックは重要です

サイトの運営規模とサーバーのスペックには関連性があり、スペックの容量が少ないと運営上で支障をきたすことも考えられます。自分が想定しているサイトの規模を基準にして、サーバーを選択するべきです。アップロードした記事数が大量にある場合には、ファイルのサイズでサーバーの容量がオーバーします。スペックが足りていないレンタルサーバーだと、サイトが上手く表示されない不具合が起きます。サイトが表示されないことは大きな問題で、アクセスしたユーザーは調べたページが表示されないとすぐに離脱するためにSEOに影響して検索順位が下がる恐れがあります。スペック不足の場合、ページの読み込みに時間がかかる点も問題です。サイトへの訪問者は一定の時間でページが読み込まれなかったら離脱するデータがあります。従って、サイトの評価を高めるにはできる限り早くページが表示されることが重要で、数秒で読み込まれないだけでも評価は下がります。SEO対策が行われているレンタルサーバーでは十分なスペックが確保されているので、検索エンジンのクロール頻度を上げるメリットもあります。何度もクロールされることでページが上手く表示されるようになりますし、インデックスの促進にもなるのでSEO対策にレンタルサーバーは関係があると言えます。

品質の良いサーバーを選ぶメリット

Webサイトは検索エンジンにクロールされて、インデックスされることで多くの人が閲覧可能になります。インデックス数が多いことはSEO対策として重要で、インデックスが行われなければユーザーが訪問することができません。日本のほとんどの人はGoogleやyahooなどで調べものをして、Webサイトを訪問します。インデックスとはGoogleなどにサイトがあることを認知してもらう行為のことで、クロールされてインデックスが行われることで始めて、Googleなどにキーワードを入力した際に表示されます。つまり、レンタルサーバーを比較するときには品質が良いかは大事な基準で、良質なサービスを行っている会社のほうが早くインデックスされることに繋がります。素早くインデックスが行われることもSEO対策で、同じ内容の記事であれば先に公開されたほうが有利です。検索エンジンに少しでも早くサイトやページを認識してもらうことは、SEO的に大事な要素と言えます。規模の大きなサイトを運営するのであれば、高スペックを確保している会社を選んだほうがメリットがあります。正確にページが表示されることで、ユーザーの満足度を高めることが可能になるので、訪問回数の増加も期待できます。

機能面が充実しているレンタルサーバーが最適です

高スペックのレンタルサーバーほど、リソース負荷を抑制できます。サイトのリソースを抑止することで、訪問者の快適さを向上できる他、検索エンジンのインデックスへの支障も抑制できます。SEOで順位を上げるには記事数が重要なポイントになります。記事の数は多いほどサイトの評価が高くなると言われており、規模が小さければ検索順位を上げることは難しいです。従って、SEOを気にするサイト運営をする場合には、高機能なサービスが期待できるレンタルサーバーを選ぶべきです。機能面で充実していれば、ファイルサイズが大きいものでも素早く訪問者が閲覧できる点が一番のメリットです。また、性能面がしっかりしているレンタルサーバー会社ならば、サイトの高速化が可能になります。SEO順位にはホームページの最適化や、低スペックの場合には改善してサイトを高速化することが大切です。最も重要性の高い検索エンジンはGoogleで、ページを読み込む速度をサイトの評価を決める際に採用しています。レンタルサーバーは格上げすることは、簡単に行えるSEO対策の1つと言えます。ページが重くなることでSEOの順位が低くなるので、ファイルサイズの負荷の軽減や画像の削減、不要なコンテンツの消去なども積極的に行っていくことがおすすめです。


関連記事


おすすめ優良SEO会社

  1. No.1株式会社NEXER

    株式会社NEXER

  2. No.2ディーエムソリューションズ株式会社

    ディーエムソリューションズ株式会社

  3. No.3アウンコンサルティング株式会社

    アウンコンサルティング株式会社