公開日:2019/09/01  最終更新日:2019/09/03

類似ページがあるとSEO的に困るのはなぜ?

SEO対策で大切なこと~類似ページを確認する

SEO対策を行う前に、事前に確認しておくべき点が存在しています。それが自分が書きたいと思っているテーマと、類似するページがないかという点です。例えば転職や婚活などのコンテンツの場合、インターネット上には多くのサイトが見られます。類似ページが多い内容のサイトの場合、コンテンツを充実させても、思うように検索エンジンで上位に表示され兄可能性もあるので注意が必要です。

テーマにこだわりがないのであれば、SEO対策を考えて類似ぺージが少なそうなジャンルを選ぶのも1つの手です。自分の得意分野だから競合相手が多くても問題ないというのであれば、独自性を出して差をつけることが大切です。

また類似ページが多いときに気をつけなければならないのが、内容がパクリにならないようにするという点です。内容をほかのサイトとパクっていると判断された場合、記事の更新数を増やしても検索エンジンの結果に表示されにくくなります。オリジナリティのある記事を増やしていくことが、SEO対策において大切なポイントの1つです。検索キーワードを意識しながら、サイトを育てることもいけません。関連する言葉も合わせて確認するようにしましょう。

検索エンジンで評価をあげるために

検索エンジンで評価をあげたいと考えている場合には、どのような点に注意したらいいのでしょうか。そのためのポイントの1つが、継続してサイトを育てていくという点です。リリースしたばかりのサイトの場合には、クローラーに評価されにくいため検索エンジンの結果にも表示されにくいのです。そこで毎日記事を更新するなどの形で、サイトを育てていくことが大切です。コンテンツを充実させることで、クローラーからの評価も得られやすくなります。

また毎日記事を更新するといっても、一文だけというような内容がないものでは意味がありません。1000文字以上のものなど、ある程度中身のあるものを継続して更新することが必要です。

自分で毎日記事を書いてSEO対策を行うのが面倒なら、外注するのも1つの手です。記事を外注して業者に書いてもらう、もしくはSEO対策はすべて業者に行ってもらうなどの選択肢もあげられます。自分の状況に応じて害虫なども利用することで、SEO対策にかかる手間を省けます。ただし外注にはお金がかかるので、予算と自分の時間と相談が必要です。自分の状況を考慮したうえで、最適な形で対策が行えるようにしましょう。

ターゲットの属性から周りと差をつけよう

SEO対策で忘れてはいけない点の1つが、誰に発信したい情報なのか意識するという点です。例えば転職に関するサイトを立ち上げるとしても、ターゲットの属性にはコンテンツごとに違いがあります。同じ転職に関する記事でも、20代の職探しとキャリアやスキルを積んでからの40代の状況では求める内容にも違いが見られます。だからこそ記事を書くときには、対象となるターゲット属性が求めるものを理解することが必要不可欠です。

ターゲット属性が求めているものを理解して記事を書くために、まずはリサーチを行うことも必要です。リサーチして求められている内容を把握することで、適切な記事を書きやすくなります。求められている内容に対して適切な中身だと、検索してサイトを見てもらいやすい環境も作れます。

実際にリサーチが必要と言われると、難しく考えてしまう方もいるでしょう。しかしインターネット上だけでも、さまざまな情報が入手できます。例えばQ&Aサイトを見れば、1つのことに関して人々がどのような悩みを抱えているかわかります。多くの方が抱えている悩みに沿った内容だと、検索してもらえる可能性も高いのです。人々が知りたいことが詰まったサイトつくりを目指しましょう。

内容で差をつけることも大切

SEO対策は、キーワードを意識するなど面倒と考えてしまう方も多くいるでしょう。もちろんキーワードを意識することも必要ですが、それ以上に注意しなければならない点があります。それが中身を充実させていくという点です。

SEO対策を意識して検索キーワードを盛り込んだとしても、内容がイマイチだとアクセス数は増えていきません。そこで内容を充実させるために、競合サイトとコンテンツの中身で差をつけることを意識していきましょう。中身で差をつけると言われても、文章は苦手だから自分には向いていないと考える方も多くいます。ですが自分では文章力がないと思っている方でも、経験を積めば良いものを書けるようになります。

そもそも字を書くやタイピングをするのだって、最初は誰でもできないという段階からスタートします。普段の生活の中で文章をまとめる機会が少なければ、思うように記事がかけないのは当たり前のことです。だからこそ最初は記事を書く練習だと思って、少しずつ実績を積んでいけるようにしましょう。最初は上手くかけなくても、誤字脱字に注意してとにかく続けることが大切です。どうしても記事が書けないなら、外注を利用するのも1つの手です。


関連記事


おすすめ優良SEO会社

  1. No.1株式会社NEXER

    株式会社NEXER

  2. No.2ディーエムソリューションズ株式会社

    ディーエムソリューションズ株式会社

  3. No.3アウンコンサルティング株式会社

    アウンコンサルティング株式会社